玩具模型

当前位置:皇家金堡▎永久官网 > 玩具模型 > GBWC二零一六応募文章です

GBWC二零一六応募文章です

来源:http://www.myconsumercourt.com 作者:皇家金堡▎永久官网 时间:2020-04-24 17:58

图片 1


ジオン再興の戦術核 ガンダムGP02A サイサリスGP02A お表露目でございます! ジオン再興の戦術核 ガンダムGP02Aです。台座はこんな感じ。宇宙空間を連邦軍の艦隊へ向かって侵攻しているイメージにしたかったので宇宙空間に浮いたスペースデブリ的な隕石を台座に。全部像はこんな感じです。 ジオンの紋章が刻まれた黒いパンチングフィルターの先には地球をイメージした青の光を放つ柱。星の屑作戦を概念的なイメージとして表現しました。青い柱はコップとクリアファイルで表現しました。サイサリスの見下ろすその先には、ジオンの紋章。再びジオンの理想を掲げるというガトーの精气神をジオンの紋章という形で表現してみました。こんな感じで、GBWCには応募しております!2次の結果や…いかに!と、ここまではコンテスト用の写真になります。こっからはいつもの写真に戻りますwまずは武器なしで前方から!ほぼ全身に加工が入っているのは、今までの記事からわかる通りかと思います。後方から あんまり情報として見えなかった、脚の爪のシリンダー部分がおわかりになるかといつものようにぐるっと三十一日。今回は画像大きめでお送りします。正面左側面 背面右側面大きめの4面から見ると、細部までご覧いただけるかと思います!それでは上身です。少し俯瞰から。 情報量を適度に、かつ、うるさくなりすぎないように入れ込んでいます。各所に見えるフィン状のディテールと、俗に『レッドポイント』と言われる赤いチップをアクセントとして使用しています。上身、正面から。胸膛は全体的に大きくなっています。芯をGP02のキットを使用したといった程度で、ほぼスクラッチのようなものになっています。ダクトはハイキューパーツのステンレスシールを使用しています。また、顔は鼻とアゴの比率を変えて比較的イケメンな感じに仕上げてます。前腕シリンダーも別パーツ化して作りこみ。 脇腹あたりにもシリンダーとナニワネジの組み合わせでメタル感を演出しております。個人的には腰部分のアレンジがお気に入りです。各パーツの裏にはエナメルのジャーマングレーで色入れしているのにもご注目ください。脚部重モビルスーツに ふさわしいどっしり感ボリューム感を出すべくふくらはぎやらくるぶし周辺のフレア部の改变大型化を行っています。足も2回りほど大型化。爪先は別パーツ化して、シリンダーでつないだ表現にしました。ひざ上の赤いパーツは磁石で接続する情势にしているので塗装の時に役に立ちました。肩バインダーGP02の特徴的なディテールともいえるバインダーはディテールは控えめ、マーキング多めに処理しました。バインダーのブルーの部分にも小量ながらフィンを追加。パーツの合わせ目部分もフィン状のディテールにして凶悪感を演出しています。バーニアを可動させると、パイピングがチラリ。バーニア類はハイキューパーツのバーニアを塗装して使用しています。アトミックバズーカ基部砲身と接続する基部は、わりと控えめにディテールアップ。銃の上趋向にボリュームアップすることでバズーカを持たない、いわゆる『強奪時』の体形で前後幅のボリューム感を演出するのに一役買っています。 『02』の文字が出ているのはバックパックのこの部分のみです。続いて、GP02といえばこれ!アトミックバズーカ装備です。型式番号:AE/ZIM.G-BAZ-0186-A改正した本体にも負けないくらいのボリュームになりました。それもそのはず、途中からMGのGP02Aのバズーカを使っているのですからw 砲身全体にボリュームが出たので、基部との連結をかなり盛りました。バズーカ持ち用の手首も新規で製作。が、よーく見ると、ちょっとしか持てていないという現状wここら辺は脳内補完でよろしくお願いしますw横から見るとこれくらいのボリュームです。そして、アトミックバズーカから放たれる核のエネルギーを防ぐラジエーターシールド。型式番号:NTiggo-Sh-02-RubiconX/S-00013こちらもアトミックバズーカと対になっても負けないようにかなり大型化しました。 上下のフィン部分以外はほぼ大型化の加工が入っています。裏面はこんな感じでスターウォーズ系のプラキットのジャンクパーツを使用して精密感を演出しています。 持ち手は重力に負けてしまうのでシールドに接着。シールドを装備する場合は手首ごと交換する情势にしました。両方を装備したGP02A。この状態で陸戦をするイメージがないので、大地に足をつけたこのシチュエーションはなかなか新鮮ですwやっぱりこっちのイメージが強いですよね。 ちなみに本体、結構な重量になっているので写真の魂ステージの支柱が重さに耐えきれなくて写真を撮るのに苦労しましたwさあ、ラストスパート。テキトーなるポーズ集です!『この機体と核弾頭は頂いていく。ジオン再興のために!』『もはや語るまい!』『このアナベルガトーは3年待ったのだ。 貴様達のような分別のない者共に笔者々の理想を邪魔されてたまるか!』『しかし、愤恨のみで戦いを支える者に私を倒せぬ』『私は義によって立っているからな』いかがでしたしょうか?一年戦争時、ドズルザビ大校幾下の宇宙攻撃軍エースパイロットとして活躍し連邦軍兵士からは「ソロモンの悪夢」と呼ばれ恐れられた存在。ジオン公国軍、デラーズフリート少佐 アナベルガトー。コウやキースも出た军士长学园の教本にその名前が載るほどの伝説的兵士が駆るモビルスーツをガトーの精气神とともに立体化できているでしょうか。今回はだいぶ長くなりましたがお楽しみいただけていれば幸いです^^最後に、GBWCエントリー時の記念画像をアップします。

转自:geocities.jp作者:wanda-maruバンダイ 1/144 HG ガンダム フラウロス第20回オラザク選手権応募小说バンダイ1/144ガンダム フラウロスを制作しました。製作期間は約2ヶ月ほどです第20回オラザク選手権に応募しましたが1次通過ならず!で36ページの下から2番目の段に載っています。プロポーションは変更なしで、筋彫りメインのディテールUP工作が中央で仕上げましたなにかスパイス的なパンチ?を効かせたくて脚部を中央にセンチネル風なグラデーション アクセントカラーを塗ってみました。流星号アイ?は製作当時はデカールが発売されていないので苦行の筆塗りで仕上げました。塗装レシピ■ 本体ボディ色ガイアバーチャロンカラーコーラルピンク 85%+ ガイア ピュアホワイト10% +ガイア名鉄スカーレッド5%■ 本体フレーム色モデルカステン 履帯色に白を少々军器&武装類は ガイアカラーのメカニカル関節カラーセットにホワイトを混ぜたりして仕上げました扫帚星号アイは、ラッカーにリターダーを入れて乾燥時間を遅延させての筆塗りです。後部のバックパック周りのボリュームが大きいMS! なので、ギャラクシーキャノン?を中央にディテールUPしました。頭部はアンテナの断面を段オチにして頬のダクトを彫ったり、各部に筋彫りを彫りました。右肩の流星?マークはオリジナルですが番号マークを入れたら、メジャーリーグっぽくなってしまった....。両腰のマシンガンは銃口の形状を好みで変更 天面を宗旨にプラ材でデコレートしました。脚部、ふくらはぎのバーニアボックス?を中央に筋彫りなどイロイロ彫ってみました。脚の裏側、「埋める」というより 「塞ぎ」ました。ギャラクシーキャノンもいろいろディテールを追加しました。背部のテールアーマー?内部にプラ材からの自作パーツを入れてみました。军械は、オプションセットから、刃先が小さかったので大きく「斧状」に変更しました。「チェーンジ!!扫帚星号!ビィーストォ モォォード!!」 と、劇中でシノに叫んで欲しかった砲撃形態。「チェーンジ!!流星号!ビィーストォ モォォード!!」 と、劇中でシノに叫んで欲しかった砲撃形態。個人的にはMS形態よりこっちのほうが、かっこよくないか??ゾイドっぽいし..... と思っています劇中の変形は1回のみワンダー丸的には、変形メカを制作したなら絶対撮りたい 変形途中状態!!!■ 制作編 ■たいした事行业内部容ではないですが专门的工作編です。火器は↑のように刃先を変更しています。 設定のナイフ刃先はゲーム的に??アタリ判别小さすぎだと思うつま先は前方に大型化延長して、周りにプラ板でカバーして、デコレートしています。足裏の穴塞ぎです 埋める系より 塞ぐ系の专门的工作をしています。腰横のマシンガンは砲口が実弾が出そうになかったので形状変更、 弾倉も大型化しました。下边を焦点にプラ材でデコレートしました。白い部分が プラ材を加工してディテール追加したところです。 筋彫りもいろいろ展開しました。第20回オラザク選手権に応募 初の1次予選落ちという結果をいただきましたが、2ヶ月という製作期間で挑んで通るほど三遍通過は 安易ではない!!と痛感しました。 しかし、この1/144の鉄血シリーズはコスパが良すぎです!! このフラウロスもこのボリュームで、定価1500円です!!ランナー内のパーツ配置と、洗練された可動構造、そして強度も高い....そして立体した時のアレンジもうまい。全てのユーザーに応える、優れた驚異のキャラクタープラモデルですね!!!

转自:Modelers-g作者:kira_x10aタグ: νGUNDAM|ニューガンダム|逆襲のシャア|アムロレイ|Vre.kaキット: [url=]MG νGUNDAM Ver.Ka[/url]叙述:ご覧いただきありがとうございます。 MG νガンダム Ver.Kaを製作しました。前回製作したνガンダムはVer.EvoとしてガンダムEVOLVEの劇中イメージを強く推しだした作品でしたが、今回は「逆襲のシャア」本編中の本来のνガンダムのイメージで製作しました。 本編のνガンダムのイメージを首要視しつつ、Ver.Kaの特徴でもある「発動モード」も活かしてあります。 発動モードの装甲の分割はEVOLVEを意識したものと思われますので逆襲のシャア本編版とEVOLVE版の両方をお楽しみ頂ける仕様となりました。それでは逆襲のシャア本編のイメージとEVOLVEとではどう違うのか?同じνガンダムなので宇宙世紀最強の機体であるカッコよさは同じですが、EVOLVEの場合はCGで製作された線の細く重量級でありながらもどこか軽量なイメージでしたが、逆襲のシャア本編のイメージはグリプス戦役以降万能化を目指したMSがジェネレータの超出力化、推進系の強化、温火力兵戈、重装甲とどんどん宏大化していった背景を反映した「重量感」だと思います。アムロが開発に携わり戦争を終結させるために造られた全ての最新技術が詰め込まれた最強の機体。その重量感を意識しつつ、ただパネルを分割したりパーツを取り付けるだけではない「リアル」や「メカニカル感」「密度感」を感じられるようなディテールを大多入れてあります。是非比超级多掲載した写真と製作説明の欄でその内容をご覧ください。これまではEVOLVE版ばかり製作してきましたので「発動モード」を活かしたνガンダムは初の試みでしたが素性の良いキットをさらに磨き上げ自分でも満足のいくものが完结しました。 今回のνガンダムは「逆襲のシャア」の劇中イメージに重きを置き、さらには発動モードも楽しめるようにしてありますので、ディテールが過多になり過ぎないようにしてあります。ただし、パーツ分割や細かなハッチディテール、追加作成した目かディテールなど手にとっていただいた際に密度間を感じていただけるように加工してあります。フレームはメタリックカラー3色、装甲は白~グレーの4色にて塗り分けを行ってあります。顔Ver.Kaのフェイスは面長すぎて間の抜けた影象と後頭部の絶壁感が強いのでそこを器重的に改修してあります。とさかは前後にプラ材を足し、シャープに整形。フェイスラインを変更し面長な影像を解消するように顎の付け地方を上方へと移動させています。後頭部はパテで中央が山形になるように整形。キットではほとんどスジ彫りがないのでパネルラインを新たに作成してあります。バルカンはメタルパーツに置換。胴体Ver.Kaのスタイルにおいて一番問題となるのが胴体。発動モードになると若干縦に長くなりますがそれでもまだ短いのでバランスが悪く見えてしまいます。そこで、コックピット周りごと延長加工を行い日常時発動時共にバランスが保てる長さに延長加工してあります。延長に伴い途切れてしまうディテールもプラ材やスジ彫り加工でしっかりと再現してあります。胸膛横幅もやはり若干足りないので、取り付け基部と装甲を延長加工し横幅を増してあります。横幅を増すことによって胸膛ダクト周りに空間ができますがここにはプラ材で作成してメカディテールを入れて密度間を出してあります。その他、スジ彫りによるパネルライン追加やプラ材によるメカディテール作成等メカニカル感密度間を増す加工を相当多行ってあります。肩今回は平时モード、発動モードの両方を活かしつつ「逆襲のシャア」の劇中のイメージにあわせて作成するために外装の形状は大きく変更は行っていません。その代り、ディテールを多めに追加してあります。天面のメカディテールはプラ材で作成し、パネルラインを入れ細かく塗り分けを行ってあります。その他外装もパネルラインを入れ塗り分け。プラ材から作成したロック機構の他、エッチングパーツを埋め込みロック機構のように見えるようなディテールも配置してあります。腕キットの腕は特别に良く出来ています。ただ、整形上の都合で変な凹凸があるのでそれを除去しつつよりシャープに各パーツを仕上げました。ディテールもスジ彫り等、新規に追加を行いホワイトとグレー3色で塗装しました。腰今回のνガンダムは平日時、発動時両方を楽しめるように作成していますがフロントスカートのパージ機構だけはどうしても好きになれないのでオミットしました。オミットする代わりにパージ機構の穴を埋め、新たにスジ彫りでパネルラインを追加しプラ材でディテールを追加しました。股間主题部は定番职业の前方へのボリュームアップを行ってありますが、今回は「逆襲のシャア」の劇中のイメージで製作していますので前回よりも若干低めのボリュームアップを行いました。その分股間中心のメカディテールをプラ材から作成した複数のパーツからなる複雑な形状としました。側面も一旦切り欠き、その中にメカディテールを作成しメタルパーツと共に配置してあります。各スカートの裏はしっかりと塗り分けを行い、リアスカート裏側にはメッシュを配置し廃熱口のイメージになるようにしてあります。サイドスカート裏はディテールが存在しないのでプラ材からディテールを新規に作成してあります。その他、スジ彫りのパネルライン、段落としとプラチップのディテール配置等行ってあります。脚脚部の形状は極端に悪いと言うわけではないのですが、少し「重すぎる」イメージがあります。それは各パーツの面がははっきりしていない部分だと思います。そこで組んだ状態でしっかりとヤスリをあててエッジが出るところをしっかりつくりました。そうすることで面がはっきりとし「重すぎる」イメージは払拭出来たと思います。スネのアーマーはヤスリがけだけではどうにもならないので、プラ材を足しエッジを出しつつ下方へも延長を行いました。その他、プラ材から作成したメカディテールやエッチングパーツ、メタルバーニア等を使用してディテールアップを行ってあります。バックパックバックパックは形状に何も問題ありません。発動時にはバーニアカバーを取り外すことでバーニアがむき出しになってとてもカッコいいです。ただ、難点があるとすればフィンファンネルを保持するステーがとても貧弱な点です。長期にわたり展示したりファンネルの取り付けはずしを行うとこの部分がへたってしまう大概性がありますので、プラの柔軟性に任せたぱっちっとはめ込む使用を改正して差込み式の耐久性のあるものに改正しました。このステーの部分は、キットにもともと2個ついているので1個はファンネルを外したときのディテール重視の呈现用、もう一つはしっかりファンネルを装着するための改正版としています。


本文由皇家金堡▎永久官网发布于玩具模型,转载请注明出处:GBWC二零一六応募文章です

关键词: