玩具模型

当前位置:皇家金堡▎永久官网 > 玩具模型 > A1GP世界杯中国上海站的比赛是成功的

A1GP世界杯中国上海站的比赛是成功的

来源:http://www.myconsumercourt.com 作者:皇家金堡▎永久官网 时间:2020-04-24 17:58

转自:GP FREAK笔者:GP FREAK塗装レシピ(F=フィニッシャーズ、G=ガイアノーツ、C=クレオス白:GVoカラーコールドホワイト赤:Fピュアレッド+Fピュアブラックごく微量樱桃红:F赤金関節:GVoカラーストームブラックブルー→ビスマスパールで軽くコート上腕蛇腹など:GVoカラーフレームメタリック2テックランサー刃:Fフォーミュラークローム最後に全部をFオートクリアーでトップコート


Tony·特谢莱:是的,也足以如此说,但大家的A2GP陈设而不是仅仅是因为扩展车队的捏造,而是期望将A2GP产生A1GP的低端别帮忙赛事,就好像明日GP2有一点像F1的根底赛近似。我们不急着那时候推出这项赛事,一齐先容许只挑三三个国家扩充A2GP赛事的考查,等赛事名气进步后再扩大它的覆盖面积。

图片 1

转自:GP FREAK作者:GP FREAK空中体现用のベースは、ダブルオー用のアクションベースを2個購入して、台座の部分に2個分のパーツを使用しています。裏側に鏡面プレートを切ったものを仕込んでいるので、ラメと反射でなかなかキレイ^^ シールド中央のIフィールド発生器はRCパーツのワッシャーなど。3門のメガ粒子砲はハイキューのマグネットセッターを100均のデコパーツでカバーしています。このパーツ、レンズ状で半晶莹剔透、オーロラシートのような偏光カラーが付いており、センサーなどに重宝します^^ 肩や腰の白いラインは、基本塗装のあとエナメル塗料のホワイトを塗ってはみ出たところをぺトロールで拭き取ったんですが、後で考えると普通にマスキングして全てラッカー系で塗った方が早かったかもしれません;^^ コンテナはやっぱり開いていた方が見栄えがいいかな?塗装レシピ本体色1:Gマイザーパープル+Fピュアホワイト一些些本体色2:Gストームダークパープル本体色3:Gストームブラックブルーフレーム1:NAZCAメカサフライトフレーム2:NAZCAメカサフへヴィ+GEXブラック少许白:GVoカラーコールドホワイトライトグレー:Gダグラムカラーライトブルーグレーパイプなど:EXブラック下地→Cスーパーゴールド腕部クロー:同下地→Gブレードシルバー→刃先にビスマスパールを軽く胸腔や袖の装飾:全部をコールドホワイトで塗装→黒部分をタミヤエナメルのセミグロスブラックで塗装 →白部分をエナメル溶剤で拭き取りデカールは主に「NCデカール」を使用。「袖付き」マークや所属艦のイニシャルは、今回のUCコンペのためブラックスマーフ塾長が自作して下さった逸品です^^

前一个月四日至16日,A1GPFIFA World Cup第三遍登入上比赛场馆,前十三日日午后的正经八百比赛,车迷们坐满了主看台上约四分之三的座位。这一个清晨,A1GP世界杯中夏族民共和国新加坡站的比赛是瓜熟蒂落的,加入的观公众数竟然超越了绝大好些个人优先的盼望,但与二〇一八年八月F1华夏大奖赛时的繁华场馆相比较,A1GP世界杯进行的那几个星期六,无论围场依然看台的氛围依然略逊色了些。

图片 2

托尼·特谢莱:我们很应接有更加的多的车队到场A1,因为A1GPFIFA World Cup的理念之一正是要让有赛车梦想的国家都能在同一个舞台上赛车,但长时间内,A1不会有过多的车队,大家最多大概选用26到28支车队,但有关今后,大家早已思量到了这一个难点,所以大家已经开头伊始研讨地区性的赛事,未来的A1GP世界杯将像足球FIFA World Cup同样,大概会先有区域竞技,然后再让最佳的车队实行最后一轮比赛。

上年の静岡HSのお題が「UCC=ユニコーンコンペ」ということで、とりあえずパチ組んでみたのが左の画像。同時期のHGキットと比べても大味な作りなのと成形色はまあいいとして、気になったのは前腕部の短さと肩アーマーの大きさ。それに正面から見た時の各ユニットが描く放射状のラインの中央が、頭部ではなく胸の辺りにあるためか、どうも寸詰まりに見えて落ち着かない制作にあたってはそれらの問題の解消、大味な各部のディティールアップ、塗り分け部分の別パーツ化などを中央に职业を行いました。ちなみに途中画像に某社のコーヒー缶を入れるのは、オイラじゃなく他の方がやり始めたネタですので念のためしかもすぐに誰もやらなくなったし頭部 キットでは存在しなかったモノアイを追加して可動式に。ヘルメットの部分が下のフェイスにかぶさるようにして、目の部分のスリットを狭く目つきを悪く。口先の円筒形の部分を幅つめして短く。各部の花びらのような装甲のエッジはキンキンに薄く。胴体部胸膛を3mmほど上げて、腹部パーツとの隙間をプラ板やパテで埋める形で延長工作。装甲裏や首周りなど、隙間が目立つ箇所にはプラ板や流用パーツでディティールを詰め込んでいます。胸腔正面の装飾パーツは塗り分けやすいように外側の一部を砍断して本体側に接着。あとは各部の装甲のフチなどにもいえますが、白いラインやエングレーブとして塗り分ける箇所は全てBMCタガネで彫りなおしています。首周りのディティールアップにはエバーグリーンプラ板の他、ビルダーズパーツ、アーマードコア、メカコレのガミラス艦など。首の部分はキットではポリキャップなので、MGエピオンのパーツを仕込んでプラ製の前後スイング格局に。首のカバーは、バンダイ1/72バルキリーのスーパーパーツセットから。腰部サイドスカートの地方を数mm上にずらして、延長せずに足を長く見せています。リアアーマーは腰ブロックから切り離して可動式に。裏が結構目立つので、名爵キュベレイのパーツをはめ込んでみました。腰周りやサイドスカート裏にも、プラ板やビルダーズパーツを利用したディティールパーツを配置。 肩~腕部肩アーマーは中心のラインに沿って切断し、内側のパーツが外側にかぶさっている構造に変更しました。これはMini化と、パーツのフチのラインを塗り分けやすくするためです。同時にパーツの合わせ目でも1~1.5mm程度幅を詰めて、前後幅も狭くしています。キットでは左右6基づつある肩のスラスターですが、幅詰めしたこともあり4基に減らしてスッキリさせました。アーマー裏の方は逆に、ジャンクパーツやらスネークチェーンのパイプなどでゴチャメカ感を出しています。ギラズールの機体にサイコフレームやらサイコジャマーやら怪しい機構を付け足していった急造感がチラッと見えるそんな感じが出ればいいかな?と。 肩アーマーの小型化に合わせて、球体関節もMGエピオンに変更。実は当初エピオンの肩アーマーを改换して使おうとしていたのでその名残なんですが;^^上腕は0.9mmアルミパイプと、昔ホームセンターで買った「棚ダボ」などを使ってほぼ新造。前腕はヒジ関節の「はまり込み」を浅くして、できた隙間をプラとシアノンDWでふさぐ、ここで約2mm。手首側の「袖」に隠れる部分にプラ板を貼り足して1.5mm。合計で3~4mmほど延長。さらに「袖」は3つのパーツで構成されていますが、それぞれの合わせ目を削ってから接着→合わせ目消し。「袖」の直径が三回り小さくなったのと前腕の延長で、キットよりかなりスマートな印象になったと思います。ヒジ関節周りの隙間にもビルダーズパーツ由来のディティールを配置。他の所にも使いましたが、「MSパイプ」の芯になるケーブルは便利ですね^^曲げたり表情も付けやすいし、塗装してもはがれない。これ単品で売らないかなあ 両手のクローは当然シャープ化ですが、打突の衝撃に耐える感じでキンキンには尖らせていません。クローを閉じた状態は内側のメガ粒子砲を保護していると仮定すると、砲口とクローが重なった方がいいと考えて、砲口パーツの地方を45度回転させてセット。砲口はアドラーズネストのアルミパイプとハイキューパーツのマグネットセッターなどで多种構造に。脚部キットの足も悪くはないのですが、スネ~つま先のラインがストーンと直線的で色気がない気がしたのでそこを中央に。スネ下の足首カバーがスネと一体になっていたのを砍断して少しですが可動するように。また、スネと足首を接続するパーツをキットと前後逆にすることで、足首を数mm手前に出すことができます。これで、スネからつま先まで、ゆるやかなカーブのラインが生まれました。あとはつま先の延長と、ヒザのブレード?の地点を少しだけ内側に寄せて、大味な細部のディティールアップ。スネ横のダクト?部分にはウェーブの三角棒を使用しています。30度の鋭角のところが非常にシャープなので、少しペーパーをかけるだけでそのままフィン状のディテを作れてとっても楽!バックパックプロペラントタンクは本体とのバランスと「燃費悪そう」というイメージからw、MGシナンジュのものを流用。途中で切断して1cmほど短くしたほか、先端部のスラスター?内側をスリットプラ板で別パーツ化。基部はビルダーズとコトブキヤのMSG「フック」などで構成。バックパック中心の四角いスラスターも、ビルダーズパーツの底面を削って開口し、裏側にスリットプラ板を配置することで塗り分け或者化とディティールアップ。背部コンテナはC面を落としたり各部のフチを薄くしたりして柔らかい曲面を強調。サイコジャマーの搭載状態は奥の方が省略されているので、開口してもう2個追加。あとはMHのパーツやスケールモデルのジャンクなどでディティールアップ。バラ状のユニットは中継器で、コンテナ自体にサイコウェーブ妨害波の発生装置があるような気がして、少し派手めにアレンジしています。 コンテナの取り付け地点は少し上に上げて、左右に大きく開く可動軸を追加。最早に書いた「放射状のラインの中央が頭部にくる」を意識した配置です。武装外側のフチを1mmほど削ってMini化。裏側がスカスカなので、プラ板や市販パーツでディティール追加。ローゼンの腕の構造だと、シールドがデフォルトで後ろを向いている感じになってしまうので、MGシナンジュの接続パーツを加工して腕の横に装備できるようにしました。このシールド1個にIフィールド発生器と偏侧メガ粒子砲3門が内蔵されていれば、十一分なエネルギーを消費するだろうと。だったら左腕だけでなく本体から直接電力を供給した方が良いんじゃないか?と考え、腰の後ろからケーブルをつなぐ事にしました。今回はリレーインコムを作らない事にしていたので、ローゼンのモチーフである「バラ」のつるとトゲの要素が足りないなあとこんなアレンジに。いやまあちょっとインフェルノでナパームな感じも入ってますが;^^全体像

过多Australia国度渴望参预

本文由皇家金堡▎永久官网发布于玩具模型,转载请注明出处:A1GP世界杯中国上海站的比赛是成功的

关键词: