玩具模型

当前位置:皇家金堡▎永久官网 > 玩具模型 > 白パーツのC面と繋がるように角度変更して貼

白パーツのC面と繋がるように角度変更して貼

来源:http://www.myconsumercourt.com 作者:皇家金堡▎永久官网 时间:2020-02-03 19:42

皇家金堡 1

皇家金堡 2

皇家金堡 3

转自:Gon2Moke2作者:manabu09MG ヘイズル改 + フルドド ヘイズルラー 完成製作内容素組かっこいい。出してくれてありがとう。たぶん誰もがこのつま先は違うんじゃない?って思ったんじゃないでしょうか白パーツと紺パーツの間で山になっています。 紺パーツは前から見ると手前に向かって細くなってます.白パーツは下を削って高さを下げて 紺パーツは面の部分で横からカット。その後に中央カットし、プラを挟んで大きく。 白パーツのC面と繋がるように角度変更して貼り付け。 大きくして左右に出た部分にあわせてシアノンで調整 それに合わせて各部調整 twitterでヘイズルを作っている方の作品を参考にさせてもらいました。かかとはソラリュウさんがtwitterであげていたヘイズルを参考にパテで作ってみました。横から見るとこんな感じになります白パーツと紺パーツのC面ラインを繋げるように意識してます。バックパックセンサーはくり貫いて裏からプラで作ったディテールを入れています。 その上から塩ビ板を。 各部スラスターにはカットしたモールド入りプラを入れています。こもセンサー同様何もないので前後で4つ プラで作ります 裏からモールド入りプラを取り付けます。脚センサーも同様に。肩は素だと中央が膨らんだ形状をしています。削り込んで膨らみは取り除き、シャープに バンダイエッジも処理してます各部モールドに定番の赤ライン入れてます。 自分はプラ棒をカットして塗装後エナメルクリアーで貼り付けてます。手はエモマニに変更 ライフル持ち手はREの拳に変更頭部目はHIQミラーシート切り出し左右の頬のダクト左右6箇所には カットした0.1mmプラを塗って貼り付けて塗りわけてますリアアーマー8箇所 丸ノズルを取り付けています。武器シールドブースターの塗り分けは若干変えてます。赤丸はあえて入れませんでした。先端の黄パーツは別パーツ化してます 裏は塗りわけヒケが若干強めなのでしっかり処理してます。 彫りなおしも効いてますフルドド色スーパーシェルホワイトスーパーディープブルー橙黄色名鉄スカーレットグレー 紫系デカールコーションはあえて使わず付属デカールのみ全部終わった後に口が奥に埋まってるのに気づきました。本来はここまで前に出ます。

转自:modelers-g作者:cornelia描述:2016年静岡ホビーショーのコジマ塾ユニコーンコンペ用作品です。キットの出来自体は良いので、大改造はせずにディテールアップ中心で製作。プロポーションの変更は胸の幅詰め位です。後は各センサーのクリアーパーツ化、スラスターのディテールアップ。筋彫りやプラ板でディテールの追加し、アーマー裏や肉抜き穴を埋めました。ディテールやデカールはいつも通りセイラマスオさんの作例や、GFF等を参考にしています。HPに他にも画像がありますので是非ご覧ください。タグ: HGUC|RGZ-95|リゼル皇家金堡,キット: HGUC リゼルサブ画像1:記載なし各センサーはクリアーパーツ化しています。肩の丸いセンサーは二重レンズに。頭部はバルカンを真鍮線で二重構造に。ゴーグルの内側のモノアイ等内部パーツも作っています。各マーキングは自作のデカールがメインです。コジマ塾の塾長から頂いたデカールもあります。貼り方はGFFそのまんまです。ビームライプルの動力パイプは差し色で明るいオレンジに。素組との比較。肩幅が広いので肩付け根部分で幅詰めしてます。各スラスターは開口して中にディテール入れてます。

转自:ガンプラの山を崩せ作者:コスモ星丸■MG ガンダムデュナメス 完成編以前から作っていたMGガンダムデュナメス。塗装も終わりパーツを組み付けて完成させました。今回はフレームや武器などはメタリック塗装、装甲はホワイト以外が非メタリックでつや消し仕上げ。白い装甲はうっすらパールコートをして半ツヤで仕上げています。MGという事もあり分割はかなり細かく、ディテールなども適度に入っていて格好良いので各パーツを整えて若干手を入れたぐらいです。配色はそこまで変えたりはしていませんが、頭部アンテナの一部やアゴなどはグリーンに、コクピットや股間部分はオレンジに変更。グリーンの装甲の大半には迷彩を入れています。フルシールドを取り外した状態。各パーツはヒケを取りよりカッチリした形状になるよう整えています。アンテナはシャープに尖らせました。奥まっているのであまり見えませんがツインアイや頭頂部ガンカメラなどは裏面をシルバーで塗装して表面をクリアカラーで塗っています。今回はLEDユニットも用意してドライヴ周りが発光するようにしました。胸部は胸ダクトを一部カットし、スリットプラ板に置き換えています。ドライヴのリングはガイアノーツのプレミアムミラークロームでメッキ調に塗装。迷彩はグリーンと淡いグリーンの2色を使いマスキングテープなどをカットして塗り分けました。腹部や肘のケーブル裏面のパーツにはホログラムフィニッシュを貼り、ケーブルがさらに複雑に光るようにしています。GNバーニア部分は一部パーティングラインが取りにくかったのでモールドを削り落としプラ板で再生。バーニア部分は一部カット、プラ材で先端部分を作り直し金属製のリングパーツを組み込みました。腰アーマーのGNミサイルはドリルで開口してからプラ棒を削ったものでミサイルを作りはめ込んでいます。太腿や脛のケーブル裏にもホログラムフィニッシュを貼っています。膝のGNミサイルもカットしプラ棒やリベットパーツなどで新造しました。フレームの一部も好みで塗り分けています。足首には迷彩は入れませんでしたが中央のパーツを淡いグリーンで塗り分けています。フルシールドを前方に展開。こちらも本体同様迷彩を入れました。各所の○モールドはエッチングを貼って塗り分けアクセントにしました。GNスナイパーライフルやGNビームピストルを装備。GNバーニアは上下のユニットを開くと連動し、内部のバーニアが飛び出すギミックがあります。塗装した後スムーズに動かしたい時は薄くグリスなどを塗っておくと良いかも。GNスナイパーライフルはフレームほど派手ではないですがメタリック塗装にしています。一部のパーツをシルバーやTITANIUMなどで塗り分けました。デカールは置き換えられそうな所はガンダムデカールなどの水転写デカールに置き換えましたがラインマークなど一部の特徴的なシールは余白を切って貼っています。ただやはりマーキングシールは透け気味になるのでできれば昔のように水転写デカールも合わせて発売して欲しいですね。ライフルのレンズは好みでオーロラアイズに変更しています。膝のGNミサイルは2mmのソフトプラ棒を使って射出できるようにしました。プラ棒は蛍光グリーンやクリスタルカラーのターコイズグリーンでグラデ塗装しています。GNビームピストルは特に手を入れていません。スナイパーライフル同様メタリック塗装ですがホルスターは非メタリックです。大体の所は特に塗装の擦れに気を使うような所は無かったのですがピストルをホルスターに収納する時擦れるのでここは調整した方が良いと思います。ビームサーベルはガイアノーツ蛍光ピンクで塗装後ホワイトを混ぜた蛍光ピンクでグラデをつけマジョーラエベレストを軽く吹いています。最後に色レシピなど。(C=クレオス (G)=ガイアノーツ、(F)=フィニッシャーズです。■グリーン モデルカステン ロシア戦車色1■明るいグリーン モデルカステン ロシア戦車色1+(G)Exホワイト+(C)色の源イエロー少量■ホワイト (G)Exホワイトを塗装後にAGパールを吹き付けパールコート■イエロー (G)ボトムズカラーオレンジイエロー■オレンジ (G)バーチャロンカラーコーラルオレンジ■フレーム色 黒下地を作り(G)フレームメタリック1で塗装。一部は(F)TITANIUMで塗り分け■武器色 バルケッタカーボンブラック+モデルカステングリッドグレー+(G)Exホワイトホワイトの量で2色作り塗り分けています。一部のパーツは(G)Exシルバーや(F)TITANIUMでさらに塗り分け■ホルスター色(F)カーボンブラックマット+(G)Exホワイトこちらもホワイトの量で2色作っています。つや消しは(C)スーパースムースクリアを使いました。白装甲はクリアをさらに混ぜ半ツヤぐらいにしてあります。以上 MG ガンダムデュナメス 完成編でした。久々にMGを塗装した気がしますが最新のMGだけあってパーツは多いものの、その分マスキングしたりする箇所は最小限でストレス無く塗装が楽しめました。可動部位が多いので擦れなどが気になりそうですが思ったよりは調整も要らずサクサク組めました。ただドライヴのリングやライフルのスコープ、フルシールドなど一度組むと分解が困難な所があるので塗装するつもりの方は仮組する場合気をつけたほうが良いかも。スタイルやギミックは最新キットらしく洗練されていますし、是非合わせて並べられるよう一期の残ったガンダムもMG化して欲しいですね。

本文由皇家金堡▎永久官网发布于玩具模型,转载请注明出处:白パーツのC面と繋がるように角度変更して貼

关键词:

上一篇:没有了

下一篇:没有了