玩具模型

当前位置:皇家金堡▎永久官网 > 玩具模型 > 全日本オラザク選手権参加作品です

全日本オラザク選手権参加作品です

来源:http://www.myconsumercourt.com 作者:皇家金堡▎永久官网 时间:2020-02-27 02:09

图片 1

图片 2

图片 3

转自:FC2作者:matRE/100ビギナギナ公開RE/100ビギナギナ完成しましたクロスボーンガンダムの意匠を入れながら、ビギナギナの女性らしい姿を意識してベラロナ専用機としてのスペシャル感を強調して仕上げました。ではどうぞー!今回もっとも特徴的な頭部意匠の変更ですが、額のドクロレリーフとアンテナを追加し、RX78系のフェースを移植しました。これで雰囲気が劇的に変わったはず。 その他クロスボーンガンダムの意匠をMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植し、取り入れてます。例えば肩や胸部のフック状のディテール例えばショットランサー!例えばザンバスター!ザンバスターはビームサーベルへの展開もできます。もう一つの特徴はカラーリングです特に右足側面のグラフィックは「クロス」をモチーフとしています。女性型のMSということで華やかさを演出したいという狙いもあります。そうそう、ショットランサーは背面のバックパックにネオジム磁石でマウントできますこんな感じで、ショットランサーをいろんな角度でマウントできますBefore-After比較画像プロポーションについては首を短縮、胴を延長して寸詰まり感を解消しています背面のスラスターの位置はしたすぎるように感じたのでバックパックごと上方にシフト曲面の多いデザインなので、なるべく凹凸をつけるディテールは施さず、ユニット間のつながりや流れを重視しました女性型のMSであるビギナギナは曲線を生かしたシルエットが特徴的ですが、今回はモモを視覚的に延長、ボリュームアップし、腰からのつながりを強調しました。キットのままだと横ロール可動の関係でホットパンツのようにも見えてしまいますのでなんとか改修したかった部分ですまた、胴からモモに繋がる部分にアーマーを新造して、モモと腰の断絶感を解消し、なだらかなつながりを表現。頭部から胸、胴にかけては見所が多いのです。フェースの変更の他、襟の新造、胸上部のブレードアンテナ、センサーを新造、クロスボーンガンダムからフック状のディテール移植、胴のフレーム新造、脇腹のアーマーを分割などなど今回は市販のエッチングパーツをノズル部分に使ってみましたふくらはぎのスラスター内部や、、肩のノズル部分にも背面スラスターのノズル内部にもエッチングパーツをセットしています■武器類についてビームライフル長さを延長、センサーディテール追加握り手は市販パーツを固定。しっかりトリガーに指をかけています(画像上がキットパチ組み、下が改修完成品)ビームランチャーの握り手は市販パーツを固定。ショットランサーをMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植バックパックへのマウントはネオジム磁石によるものなので角度を変えて背負わすことができます握り手はキット付属のものを使用。グリップから取り外し可能ザンバスターもMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植握り手は市販パーツを固定。■付属品について高級感のあるアクリル製のディスプレースタンド付属その他の付属品は上記の通りですキットのビームサーベルは2本付属します。撮影用のアクリルブロックや透明アーム、比較画像の同キットは付属しませんビームサーベルのブレード部分、ビームシールドは塗装済みです■制作途中はこんな感じ各部の肉抜き穴をパテ埋めしていますパテによる胸やモモのボリュームアップや、ひさしの角度変更、胴の延長といった改修は真っ先に行いました恐る恐るクロスボーンガンダムの意匠を紛れ込ませている段階細部を詰めている段階ショットランサーにぐるっとブレードアンテナを植えているのは女性型MSとしては手元に華やかさがちょっと欲しいなと思ったから■劇場版ビギナギナも作った設定通り、キット状態の劇場版デザインのビギナギナの頭部と胸部上部の部品も作成しました目のバイザー部分と頭頂部前後のセンサー部にはホログラムシートをセット額のマークはMGクロスボーンガンダムX2Ver.Ka付属の水転写デカールです今回各部のマーキングは仕上げ屋さんのSystemMarkingN2を中心に使用しました。発色良くって貼りやすいいいデカールですキット付属のビームライフルとビームランチャーはこちらの方が合いますねで、ド直球のお約束のポージングもうこのパッケージのポージングで撮りたい、ガンダムフェースにしたい、ショットランサー持たせたい、というモチベーションで制作していたので、もうお腹いっぱいと言いますか、やりきった感はすごいです。元画像は言わずと知れた旧1/100ビギナギナのキット、開田裕治氏による超傑作パッケージ。一連のMSVキットのパッケージアートと同様長年胸に刺さっておりました。で、これで、自分なりのやり方で、またひとつ昔刺さったトゲを抜くことができたんだよ。それにしてもこのパッケージアート、ほんとにかっこいい、、。いつも最後まで見ていただいて感謝です!

转自:modelers-g作者:sat描述:第19回 全日本オラザク選手権参加作品です。シナンジュスタインをベースに1/100ヤクトドーガをオラ設定で製作しました。ネオジオンが奪取したMSは2機あったという設定からもう一つのシナンジュとしての製作です。シナンジュスタインをベースに旧1/144ヤクトドーガ、HGTB FAガンダム、MGゲルググ等のパーツを使用し形状を出しています。ヤクトドーガに見えるようパーツの選択が大変でした。ほぼ全てのパーツに手を加えていますが、スタインの改造機であることが分かる様にスタインの意匠を残した部分もあります。タグ: ヤクトドーガ|シナンジュスタイン|シナンジュ|第19回 全日本オラザク選手権|オラザク|ミキシングビルドキット: MG 1/100 MSN-06S シナンジュスタイン Ver.Ka改造パーツ(1): MG 1/100 MS-14S シャアアズナブル専用 ゲルググ Ver.2.0改造パーツ(2) 1/144 MSN-03 ギュネイガス専用 ヤクトドーガシナンジュVer.kaの頭部に旧キットヤクトドーガのフェイスパーツを合わせています。襟足はHGUCマラサイの物です。パーツのすり合わせに苦労しました。スタインの胸部を幅増しして使用。特徴的な胸部ハッチはプラ板で自作。赤いハッチはHGUCジェガンの足の甲を整形して使用。肩部】MGゲルググ2.0の肩を元に BPHDMSバーニア03を使用。シールドバインダーはHGGT FAガンダムのシールドをベースにスタインのスラスタープラ板で制作。なかなか良い形状に出来ず数回作り直しました。プラ板でスクラッチの方が簡単だった気がします。スタイン主のを数㎜延長して使用。動力パイプはシナンジュVer.kaより使用。スタインをベースに股間パーツを大型化。ヒートシンクはBPHDMSバーニア03。サイドアーマーは幅増ししプラ板工作で形状変更。リアアーマーは大きな形状の変更はしていませんが、ハセガワVF-1スパーパックよりスラスター基部の台形の部分を移植。膝パーツはプラ板&エポパテでスクラッチしました。これも良い形状に出来ず数回作り直しました。スタインのままですがエッジを落としてジオンらしい丸みのある形状にしています。ゲルググ2.0の脚部を使用しています。分割しサザビーVer.kaのような装甲が重なりあうデザインにしました。スタインのフレキシブルスラスターを活かしていますので展開可動します。バーニアにはスタインのバックパックの物を流用。スタインのつま先の横幅を広げています。先っぽのとんがりはシナンジュのつま先をひっくり返して使用。シリンダーはシナンジュより流用。スタインの物をベースにGタンク、HGUCマラサイのパーツで製作。スタインのプロペラントタンクを延長して使用。ファンネル】BPHD MSファンネル01をプラパイプで延長して使用。砲口にはICピン。ネオジム磁石により固定しています。シールド=HGUCヤクトドーガの物をパテとプラ板大型化。ビームガトリングガン=ビルダーズのジャイアントガトリングをベースにシナンジュのスコープ等で製作。ハイビームライフル=スタインの物をショートバレル化。シナンジュバズーカ=スタインの物をそのまま使用。

转自:Modelers-g作者:kira_x10aタグ: Hi-νGUNDAM|ニューガンダム|逆襲のシャア|アムロレイ|Vre.kaキット: [url=]MG Hi-νGUNDAM Ver.Ka[/url]描述:ご覧いただきありがとうございます。 MG ν2ガンダム Ver.Kaを製作しました。逆襲のシャアのパラレルワールドのベルトーチカチルドレンに登場する機体。νガンダムを超える最強のガンダムという設定の機体。出渕さんがデザインしたこの特異なデザインのガンダムはガレージキット等では商品化されていましたがなかなかプラモデルとしては発売されていなかったので待望のキットでした。私が思い描くν2ガンダムはジオンの技術者も多く存在するアナハイムで開発されたガンダム。そのデザインは今までのスマートで直線的なデザインが多いガンダムの中でも珍しいマッシブで曲線的なデザイン。さらにはベルトーチカチルドレンの挿絵のような凶悪な顔つきをしたガンダム。しかしキットは素のデザインをとてもよくリファインしていると思いますが、若干柔らかい印象になっていると思いました。そこで自分のイメージに近づけるように顔をはじめとした各所を改修しました。カラーリングもν2ガンダムの基本カラーである水色や紫では少し軽い感じがするので劇場版逆襲のシャアのνガンダムカラーへと変更しました。各種改修とカラーリングの変更によって、やっとあの怪物じみたシャアの機体ナイチンゲールと真っ向から対峙できるアムロの機体になったのではないかと思います。Ver.KaのHi-vガンダムは出渕さんの描かれたデザインに限りなく近く発売はとても嬉しいものでした。しかしこれまでに発売されている多くのガレージキットのHi-vガンダムよりはかなりマイルドな印象となっています。Hi-vガンダムと言えばサイコフレームを含めジオン系統の技術やデザインを数多く取り込んでいるであろうと思っているので体系はマッシブであり顔つきは少し凶悪なイメージです。この二つのうちマッシブな部分はキットが実現してくれていますので大幅に顔を改修し出渕さんが描かれた小説の挿絵のシャープなイメージに出来る限り近づけました。スタイルはほとんど問題が無いのですが若干胴体が短いので延長加工を行いバランスを取っています。Ver.KaのHi-vガンダムは同じVer.Kaのvガンダムもよりもかなり作りが簡易になっていて表面上あっさりとしたイメージなのでポイントを押さえて密度間が上がるようにディテールアップを行いました。Hi-vガンダムのカラーリングと言えば水色もしくは紫ですが対峙するナイチンゲールの重量感に比べ軽いというかどうもしっくり来ないと思っています。私としてはやはり劇場版逆襲のシャアのνガンダムの濃紺と白のイメージなので今回はνガンダムカラーで塗装を行いました。頭キットの顔は正直全く好みではありません。全体的に小さく特に横幅が無さ過ぎてキットを組んだ時愕然としてしまいました。Hi-vガンダムと言えば小説ベルトーチカチルドレンの出渕さんの挿絵のイメージだと思うのでそれに近づけられるよう大幅に改修を行いました。横幅を出すために後頭部を広げ後ろへ行くにしたがって広がっている形状へ変更。フェイス部は形状自体を変更し頬あては二重になるように造形。ヘルメットの頬あての形状も大きく変更しトサカは前後に延長加工してあります。これらの加工を行うことによって出渕さんのデザインに少しでも近づけたかなと思うと同時に、やっとあの禍々しいナイチンゲールに対抗できうる顔つきになったと思います。胴体胴体は若干短すぎてバランスが悪いのとディテールがほとんど入っていなくて物足りないのでこの二つを解消するために各加工を行いました。まずバランスは下部を延長加工してあります。同時にコックピットハッチ周りも延長。襟横の部分にはプラザ材でディテールを作成。左胸にはカメラのディテールを作製。Hi—vガンダムのキットでは首の位置が高すぎるのでvガンダムのキットの部品を流用し大幅に頭の付け位置が変わるようにしてあります。首周りのディテールはプラ材より作成。胸周りはキットでは少しボリュームが足りないと感じたので胸ダクト部分の装甲を前方に延長加工。同時にコックピットハッチの形状も変更。腹部のデザインもVer.Kaのvガンダムの形状に近づけるように加工してあります。肩肩はかなりあっさりしたデザインとなっているので天面を切り欠きその中に約12パーツからなるメカディテールと装甲を作成。前後面にある五角形のディテールをプラ材にてボリュームアップを行い存在感が出るようにしました。肩端のスラスター内部があっさりしていたのでパテにでvガンダムと同様のディテールを作成しメタルパーツを配置しました。腕腕の形状はとてもよく出来ているのので、スジ彫り等のディテールアップを行ってあります。腰腰もかなりあっさりしたディテールとボリュームが足りない無いのが気になります。中央部の形状を大きくプラ材で変更し前方へボリュームを出しました。フロントスカートは形状が曖昧なのでプラ材を足しシャープな形状変更しつつディテールを入れました。サイドスカートは裏側にディテールが存在しないのでプラ材からディテールを作成。リアスカートは面が大きいにもかかわらず全くディテールが入っていないのでかなりディテールを足しフロントフロントスカートとのバランスを取りました。またリアスカート裏面はディテールが入っていない部分があるのでvガンダムのキットから流用したパーツを合わせてディテールとしています。脚脚の形状は出渕さんのデザインを本当によく再現してくれていると思います。ただ膝の形状とスリッパの形状が気になるので膝は上方へ延長加工を行いスリッパはあやふやな面構成をシャープで前すぼみな形状へと変更しました。その他は本体他の部分にあわせるように各種ディテールを追加しました。ふくらはぎ内バーニアはメタルパーツの2重構造のものに変更しました。武器類バックパック、シールド、ビームライフル、バズーカは形状がとてもよく出来ているので各種追加ディテールを入れていきました。バックパックの上部には本来ならばサーベルが設置されているのですがアムロが多彩な武器を搭載したかったという勝手な設定でインコムを6つ搭載するようにしました。バックパックのバーニアは二重のメタルバーニアに変更しプロペラントタンクは本来の長さより延長し自立できる長さにしました。シールドはディテールが特にあっさりしていたのでスジ彫りを多めに入れてあります。ライフルとバズーカはvガンダム使用へとカラーリングを変更しバズーカの後端には市販パーツで排気口を設置しました。ファンネルファンネルはかなり薄く加工して少しでも自立の際に後ろにのけ反らないようにしてあります。後はスジ彫りでのパネルライン追加と塗り分け、掘り込み後に塗装済みプラ材を設置するディテールを入れてあります。サブ画像6:記載なし

本文由皇家金堡▎永久官网发布于玩具模型,转载请注明出处:全日本オラザク選手権参加作品です

关键词:

上一篇:没有了

下一篇:没有了