玩具模型

当前位置:皇家金堡▎永久官网 > 玩具模型 > MG RX-93 υ高达 Ver.Ka by kira x10a

MG RX-93 υ高达 Ver.Ka by kira x10a

来源:http://www.myconsumercourt.com 作者:皇家金堡▎永久官网 时间:2020-03-12 03:14

图片 1

图片 2

图片 3

转自:Modelers-g作者:kira_x10aタグ: νGUNDAM|ニューガンダム|逆襲のシャア|アムロレイ|Vre.kaキット: [url=]MG νGUNDAM Ver.Ka[/url]汇报:ご覧いただきありがとうございます。 MG νガンダム Ver.Kaを製作しました。前回製作したνガンダムはVer.EvoとしてガンダムEVOLVEの劇中イメージを強く推しだした作品でしたが、今回は「逆襲のシャア」本編中の本来のνガンダムのイメージで製作しました。 本編のνガンダムのイメージを主要視しつつ、Ver.Kaの特徴でもある「発動モード」も活かしてあります。 発動モードの装甲の分割はEVOLVEを意識したものと思われますので逆襲のシャア本編版とEVOLVE版の両方をお楽しみ頂ける仕様となりました。それでは逆襲のシャア本編のイメージとEVOLVEとではどう違うのか?同じνガンダムなので宇宙世紀最強の機体であるカッコよさは同じですが、EVOLVEの場合はCGで製作された線の細く重量級でありながらもどこか軽量なイメージでしたが、逆襲のシャア本編のイメージはグリプス戦役以降万能化を目指したMSがジェネレータの凌驾力化、推進系の強化、大火力武器、重装甲とどんどん庞大化していった背景を反映した「重量感」だと思います。アムロが開発に携わり戦争を終結させるために造られた全ての最新技術が詰め込まれた最強の機体。その重量感を意識しつつ、ただパネルを分割したりパーツを取り付けるだけではない「リアル」や「メカニカル感」「密度感」を感じられるようなディテールを好些个入れてあります。是非大多掲載した写真と製作説明の欄でその内容をご覧ください。これまではEVOLVE版ばかり製作してきましたので「発動モード」を活かしたνガンダムは初の試みでしたが素性の良いキットをさらに磨き上げ自分でも満足のいくものが实现しました。 今回のνガンダムは「逆襲のシャア」の劇中イメージに重きを置き、さらには発動モードも楽しめるようにしてありますので、ディテールが過多になり過ぎないようにしてあります。ただし、パーツ分割や細かなハッチディテール、追加作成した目かディテールなど手にとっていただいた際に密度間を感じていただけるように加工してあります。フレームはメタリックカラー3色、装甲は白~グレーの4色にて塗り分けを行ってあります。顔Ver.Kaのフェイスは面長すぎて間の抜けた印象と後頭部の絶壁感が強いのでそこを珍视的に改修してあります。とさかは前後にプラ材を足し、シャープに整形。フェイスラインを変更し面長な印象を解消するように顎の付け地方を上方へと移動させています。後頭部はパテで中心が山形になるように整形。キットではほとんどスジ彫りがないのでパネルラインを新たに作成してあります。バルカンはメタルパーツに置換。胴体Ver.Kaのスタイルにおいて一番問題となるのが胴体。発動モードになると若干縦に長くなりますがそれでもまだ短いのでバランスが悪く見えてしまいます。そこで、コックピット周りごと延長加工を行い平日時発動時共にバランスが保てる長さに延長加工してあります。延長に伴い途切れてしまうディテールもプラ材やスジ彫り加工でしっかりと再現してあります。胸腔横幅もやはり若干足りないので、取り付け基部と装甲を延長加工し横幅を増してあります。横幅を増すことによって胸膛ダクト周りに空間ができますがここにはプラ材で作成してメカディテールを入れて密度間を出してあります。その他、スジ彫りによるパネルライン追加やプラ材によるメカディテール作成等メカニカル感密度間を増す加工を比超级多行ってあります。肩今回は常常モード、発動モードの両方を活かしつつ「逆襲のシャア」の劇中のイメージにあわせて作成するために外装の形状は大きく変更は行っていません。その代り、ディテールを多めに追加してあります。天面のメカディテールはプラ材で作成し、パネルラインを入れ細かく塗り分けを行ってあります。その他外装もパネルラインを入れ塗り分け。プラ材から作成したロック機構の他、エッチングパーツを埋め込みロック機構のように見えるようなディテールも配置してあります。腕キットの腕は极其に良く出来ています。ただ、整形上の都合で変な凹凸があるのでそれを除去しつつよりシャープに各パーツを仕上げました。ディテールもスジ彫り等、新規に追加を行いホワイトとグレー3色で塗装しました。腰今回のνガンダムは平日時、発動時両方を楽しめるように作成していますがフロントスカートのパージ機構だけはどうしても好きになれないのでオミットしました。オミットする代わりにパージ機構の穴を埋め、新たにスジ彫りでパネルラインを追加しプラ材でディテールを追加しました。股間宗旨部は定番工作の前方へのボリュームアップを行ってありますが、今回は「逆襲のシャア」の劇中のイメージで製作していますので前回よりも若干低めのボリュームアップを行いました。その分股間中心のメカディテールをプラ材から作成した複数のパーツからなる複雑な形状としました。側面も一旦切り欠き、その中にメカディテールを作成しメタルパーツと共に配置してあります。各スカートの裏はしっかりと塗り分けを行い、リアスカート裏側にはメッシュを配置し廃熱口のイメージになるようにしてあります。サイドスカート裏はディテールが存在しないのでプラ材からディテールを新規に作成してあります。その他、スジ彫りのパネルライン、段落としとプラチップのディテール配置等行ってあります。脚脚部の形状は極端に悪いと言うわけではないのですが、少し「重すぎる」イメージがあります。それは各パーツの面がははっきりしていない部分だと思います。そこで組んだ状態でしっかりとヤスリをあててエッジが出るところをしっかりつくりました。そうすることで面がはっきりとし「重すぎる」イメージは払拭出来たと思います。スネのアーマーはヤスリがけだけではどうにもならないので、プラ材を足しエッジを出しつつ下方へも延長を行いました。その他、プラ材から作成したメカディテールやエッチングパーツ、メタルバーニア等を使用してディテールアップを行ってあります。バックパックバックパックは形状に何も問題ありません。発動時にはバーニアカバーを取り外すことでバーニアがむき出しになってとてもカッコいいです。ただ、難点があるとすればフィンファンネルを保持するステーがとても貧弱な点です。長期にわたり体现したりファンネルの取り付けはずしを行うとこの部分がへたってしまう恐怕性がありますので、プラの柔軟性に任せたぱっちっとはめ込む使用を改进して差込み式の耐久性のあるものに改善しました。このステーの部分は、キットにもともと2個ついているので1個はファンネルを外したときのディテール重視の呈现用、もう一つはしっかりファンネルを装着するための改良版としています。

转自:Modelers-g作者:kira_x10aタグ: Hi-νGUNDAM|ニューガンダム|逆襲のシャア|アムロレイ|Vre.kaキット: [url=]MG Hi-νGUNDAM Ver.Ka[/url]陈诉:ご覧いただきありがとうございます。 MG ν2ガンダム Ver.Kaを製作しました。逆襲のシャアのパラレルワールドのベルトーチカチルドレンに登場する機体。νガンダムを超える最強のガンダムという設定の機体。出渕さんがデザインしたこの特異なデザインのガンダムはガレージキット等では商品化されていましたがなかなかプラモデルとしては発売されていなかったので待望のキットでした。私が思い描くν2ガンダムはジオンの技術者も多く存在するアナハイムで開発されたガンダム。そのデザインは今までのスマートで直線的なデザインが多いガンダムの中でも珍しいマッシブで曲線的なデザイン。さらにはベルトーチカチルドレンの挿絵のような凶悪な顔つきをしたガンダム。しかしキットは素のデザインをとてもよくリファインしていると思いますが、若干柔らかい影像になっていると思いました。そこで自分のイメージに近づけるように顔をはじめとした各所を改修しました。カラーリングもν2ガンダムの基本カラーである水色や紫では少し軽い感じがするので劇場版逆襲のシャアのνガンダムカラーへと変更しました。各種改修とカラーリングの変更によって、やっとあの怪物じみたシャアの機体ナイチンゲールと真っ向から対峙できるアムロの機体になったのではないかと思います。Ver.KaのHi-vガンダムは出渕さんの描かれたデザインに限りなく近く発売はとても嬉しいものでした。しかしこれまでに発売されている多くのガレージキットのHi-vガンダムよりはかなりマイルドな印象となっています。Hi-vガンダムと言えばサイコフレームを含めジオン系統の技術やデザインを数多く取り込んでいるであろうと思っているので类别はマッシブであり顔つきは少し凶悪なイメージです。この二つのうちマッシブな部分はキットが実現してくれていますので大幅度に顔を改修し出渕さんが描かれた小説の挿絵のシャープなイメージに出来る限り近づけました。スタイルはほとんど問題が無いのですが若干胴体が短いので延長加工を行いバランスを取っています。Ver.KaのHi-vガンダムは同じVer.Kaのvガンダムもよりもかなり作りが簡易になっていて表面上あっさりとしたイメージなのでポイントを押さえて密度間が上がるようにディテールアップを行いました。Hi-vガンダムのカラーリングと言えば水色もしくは紫ですが対峙するナイチンゲールの重量感に比べ軽いというかどうもしっくり来ないと思っています。私としてはやはり劇場版逆襲のシャアのνガンダムの濃紺と白のイメージなので今回はνガンダムカラーで塗装を行いました。頭キットの顔は正直全く好みではありません。全部的に小さく特に横幅が無さ過ぎてキットを組んだ時愕然としてしまいました。Hi-vガンダムと言えば小説ベルトーチカチルドレンの出渕さんの挿絵のイメージだと思うのでそれに近づけられるよう急剧に改修を行いました。横幅を出すために後頭部を広げ後ろへ行くにしたがって広がっている形状へ変更。フェイス部は形状自体を変更し頬あては二重になるように造形。ヘルメットの頬あての形状も大きく変更しトサカは前後に延長加工してあります。これらの加工を行うことによって出渕さんのデザインに少しでも近づけたかなと思うと同時に、やっとあの禍々しいナイチンゲールに対抗できうる顔つきになったと思います。胴体胴体は若干短すぎてバランスが悪いのとディテールがほとんど入っていなくて物足りないのでこの二つを解消するために各加工を行いました。まずバランスは下部を延長加工してあります。同時にコックピットハッチ周りも延長。襟横の部分にはプラザ材でディテールを作成。左胸にはカメラのディテールを作製。Hi—vガンダムのキットでは首の地点が高すぎるのでvガンダムのキットの部品を流用し大幅度に頭の付け地点が変わるようにしてあります。首周りのディテールはプラ材より作成。胸周りはキットでは少しボリュームが足りないと感じたので胸ダクト部分の装甲を前方に延長加工。同時にコックピットハッチの形状も変更。腹部のデザインもVer.Kaのvガンダムの形状に近づけるように加工してあります。肩肩はかなりあっさりしたデザインとなっているので天面を切り欠きその中に約12パーツからなるメカディテールと装甲を作成。前後面にある五角形のディテールをプラ材にてボリュームアップを行い存在感が出るようにしました。肩端のスラスター内部があっさりしていたのでパテにでvガンダムと同様のディテールを作成しメタルパーツを配置しました。腕腕の形状はとてもよく出来ているのので、スジ彫り等のディテールアップを行ってあります。腰腰もかなりあっさりしたディテールとボリュームが足りない無いのが気になります。主旨部の形状を大きくプラ材で変更し前方へボリュームを出しました。フロントスカートは形状が曖昧なのでプラ材を足しシャープな形状変更しつつディテールを入れました。サイドスカートは裏側にディテールが存在しないのでプラ材からディテールを作成。リアスカートは面が大きいにもかかわらず全くディテールが入っていないのでかなりディテールを足しフロントフロントスカートとのバランスを取りました。またリアスカート裏面はディテールが入っていない部分があるのでvガンダムのキットから流用したパーツを合わせてディテールとしています。脚脚の形状は出渕さんのデザインを本当によく再現してくれていると思います。ただ膝の形状とスリッパの形状が気になるので膝は上方へ延長加工を行いスリッパはあやふやな面構成をシャープで前すぼみな形状へと変更しました。その他は本体他の部分にあわせるように各種ディテールを追加しました。ふくらはぎ内バーニアはメタルパーツの2重構造のものに変更しました。火器類バックパック、シールド、ビームライフル、バズーカは形状がとてもよく出来ているので各種追加ディテールを入れていきました。バックパックの上部には本来ならばサーベルが設置されているのですがアムロが多彩な军火を搭載したかったという勝手な設定でインコムを6つ搭載するようにしました。バックパックのバーニアは二重のメタルバーニアに変更しプロペラントタンクは本来の長さより延長し自立できる長さにしました。シールドはディテールが特にあっさりしていたのでスジ彫りを多めに入れてあります。ライフルとバズーカはvガンダム使用へとカラーリングを変更しバズーカの後端には市販パーツで排気口を設置しました。ファンネルファンネルはかなり薄く加工して少しでも自立の際に後ろにのけ反らないようにしてあります。後はスジ彫りでのパネルライン追加と塗り分け、掘り込み後に塗装済みプラ材を設置するディテールを入れてあります。サブ画像6:記載なし

转自:modelers-g作者:Yoshify描述:約2年ぶりとなりますが久々に投稿させて頂きます。ガンプラを素組みして初めて「恐怖」を感じたほど完成度の高いキット、手を加えられる事を頑なに拒むかのような精緻なモールドに対して如何にして「自分らしさ」を加味できるかいつもは行き当たりばったりの製作なのですが、今回は珍しく頭を悩ませ非常に苦労の末に何とか完成させる事ができました。まだまだ粗い所もありますが、今の自分にやれる事、やりたい事は全て注ぎ込んで徹底的に妥協なく作り込みました。渾身の一作ですので、ご覧頂いてもし宜しければコメント等頂けると嬉しいです! タグ: フリーダム|フリーダムガンダム|SEED|キラヤマトキット: MG フリーダムガンダム Ver.2.0改造パーツ(1): RGシリーズ各種HGUCシリーズ各種改造パーツ(2) プラ板メタルパーツ第三遍ヤキンドゥーエ进攻和防守戦にて大破した機体を改修し、2年後が舞台の『SEED DESTINY』劇中でキラが搭乗した「後期型フリーダム」という想定で製作しました。ストライクフリーダム開発に伴う新機構も一部フィードバックして搭載し、劇中でもまさに「Ver.2.0」として強化された姿という脳内設定に基づき、スタイル変更や流用パーツのパッチワーク主体によるディティールアップ等で、美しさと力強さ、重厚感とリアル感を追求してみました。大型のウイングやバラエーナに更に追加パーツを貼りつけているのでかなり重たく、ノーマルのままでは自立させる事が不容许でした。そこで腰~脚にかけての各部関節の強化、ストッパーの追加、脚部フレーム&スリッパ内部に重りを入れる、足裏にネオジム磁石を設置し台座と接続などの方法により、しっかりと足を踏ん張った「仁王立ち」が出来るようにしました。本体同様にルプスビームライフル、シールド裏面、背部ウイング等にも薄くスライスした他キットからの流用パーツを貼り付ける「パッチワークモデリング」によりディティールアップを施しています。ウイング基部には太径のシリンダーパーツを設置。ウイングの展開に連動して伸縮します。おもなプロポーション変更点首軸部で約1mm延長しアゴを引けるように改修。肩関節部の可動域拡大。肩アーマー基部の取り付け地点変更により、約2mm上方へ移動。胸~脇腹~腰にかけての細さが気になったので、流用パーツによる幅増しで「太く見えるように」改修。アンクルアーマーの干渉解消のため、かかと部分のフレームを約4mmかさ上げ。おもな改修点〔頭部〕アンテナは白青灰ともに短くし、先端をシャープ化。ヘルメットのひさし部分をプラ板にて角度変更&幅を狭くして、目つきが鋭くなるように改修。マスクフェイスガードアゴの赤い一些の下部を削り、面長感を解消。頭頂部メインカメラカバーのフチを薄く加工。内部には前後ともプラ材&メタルパーツにより内部構造を追加。バルカンはメタルパーツに置換え。首関節部にシリンダーパーツ、メッシュパイプ追加後頭部ヘルメットの裾部分をプラ板にて延長。〔胴部〕首から肩にかけての僧帽筋部分にダクトパーツを追加してストライクフリーダム風に。胸ダクトのフチを薄く加工。内部にスジ彫りを追加してスリット作成。胸下面のセンサーをメタルパーツに置換え。おもな改修点〔肩腕部〕肩アーマー上部を上側にオフセット隙間にはフレーム状パーツを追加。肩アーマー内側にプラ板で作製したヒートシンク設置。肩アーマー外側フィン部分を流用パーツで大型化肩アーマー前边をプラ板にて多种装甲化。手首部分を2mm延長。流用パーツにて隙間埋め。〔腹腰部〕腰の青いパーツを切り欠いてスリット増設。 流用パーツを内部フレームに仕込んで「チラ見せ」。腰アーマーを流用パーツ、プラ板にて多种装甲化。クスィフィアス側面を切り抜いてメカパーツ埋め込み。テールスカート内側に流用パーツ追加。〔脚部〕膝アーマー横をプラバンにて多种装甲化。膝関節フレームにシリンダー埋め込み。後ろ側にもパイプ等を増設。装甲の分割を増やして内部フレームがチラ見えするように改修。足首関節部に太径シリンダー増設。※ その他一身に流用パーツプラ板スリット切り欠き追加マスキングによる濃淡塗り分けコーションデカールメタルパーツ等でディティールアップし情報量を増やしました。以上、最後までご覧頂き本当にありがとうございました!

本文由皇家金堡▎永久官网发布于玩具模型,转载请注明出处:MG RX-93 υ高达 Ver.Ka by kira x10a

关键词: