玩具资讯

当前位置:皇家金堡▎永久官网 > 玩具资讯 > 塗装は軽く陰影を付けて基本塗装した後に汚し

塗装は軽く陰影を付けて基本塗装した後に汚し

来源:http://www.myconsumercourt.com 作者:皇家金堡▎永久官网 时间:2020-03-26 15:50

皇家金堡 1

皇家金堡 2

皇家金堡 3

转自:ガンプラの山を崩せ作者:コスモ星丸皇家金堡,HG ザクキャノン テストタイプ 完成編オリジン系のキットを塗装してみたくなり作っていたザクキャノン テストタイプ。今回はこんな感じに完成しました。大きく弄ったりはしていませんが細部をディテールアップし武装を好みで追加して仕上げています。塗装は軽く陰影を付けて基本塗装した後に汚して仕上げました。デザートカラーっぽいのでピグメントなどを使いホコリを多めにつけたり塗装を実際に剥いでチッピングしたりして汚しています。また雨垂れやサビ垂れを描いたり薄めた塗料を筆で弾き細かい飛沫をつけたりもしています。まずはノーマルの180mmキャノン&ビッグガン装備。配色はほぼ変えていませんが好みでパイプは装甲などと同じ色にしています。頭部はモノアイをメタルパーツ&GEMドームに変更。モノアイの基部はプラ材でレールのモールドも作りました。頭頂部のアンテナは真鍮線で作り直し、額のセンサーはモールドを深く彫り込み偏光フィニッシュブルーで再現しました。胸部はフックパーツを取り付けつつ動力パイプをスプリング&メタルパイプに置き換え。腕部は左肩アーマーのスパイクを尖らせモールドを深く彫り直しスパイク以外の部分をパテで梨地に加工しました。前腕は合わせ目が出るので後ハメ加工して消しています。シールドは好みでフックパーツを追加。ビッグガンはアームの肉抜きを埋めて銃口を薄く加工しています。バックパックはスモークディスチャージャーを一部プラ材&メタルモールドで作り直しました。180mmキャノンは後端を開口してダクトを追加。先端はシンプルな形状だったので好みで画像のような形状に加工しました。脚部のパイプもスプリング&メタルパイプに置き換えています。脚部は一部のモールドを開口させディテールアップした他ノズル部分がちょっとダルめだったので一度くり抜きプラ材メタルパーツでディテールアップしました。前腕もそうでしたが膝下の合わせ目を消す際にも後ハメ加工が必要で結構面倒です。足首パーツはバーニアを塗り分けた後ピグメントで派手目に汚しています。基本色はオキサイドレッドサフを吹き、ホワイトで陰影を付けた後基本色を塗装しています。チッピングはAKインタラクティブのヘビーチッピングという塗料を使って実際に塗装を剥がしています。オキサイドサフの上に上記の塗料を塗り、基本塗装を終わらせた後に水で湿らせて塗装を剥がして仕上げます。ヒートホークは刃を塗り分けたりしつつ仕上げました。ちょっと持たせてみたいと思い、シャアザクなどに付属する対艦ライフルを作って持たせてみました。武装はメタリック塗装で合わせ目を消した後スコープをクリアパーツ化しています。スコープはモノアイと同様にGEMドームを使っています。こちらは普通のクリアタイプを使い蛍光ピンクで塗装しました。ラビットタイプのアンテナ&ガトリングに換装。ガトリングはハーフキャノンのものをそのまま使っています。頭部のアンテナは薄く削っています。ガトリングは砲口が埋まっているように見えたのでそれぞれ開口。ピグメントを多用しているのでポーズを付けているとどんどんパステルが落ちてしまうのがネックですね。対艦ライフルと組み合わせたいと思いカモフラージュネットも用意しました。AFV用のカモフラージュネットをカットして整えています。布なので可動の邪魔にはなりません。カモフラージュネットはホコリの塗料を吹き付けたりしています。フレームや武器類はメタリック塗装でこちらはチッピングではなくドライブラシで仕上げました。最後に色レシピなど。(C)=クレオス (G)=ガイアノーツ (F)=フィニッシャーズの塗料です。■ダークイエロー (G)ドゥンケルゲルプ+(C)クールホワイト■ブラウン (C)マホガニー+(C)カーキ+(C)ウイノーブラック■ホワイト (C)クールホワイト+上で調色したダークイエロー少量■レッド クレオスメカニカルカラーセット クリムゾンジェム■足首などのグレー (G) ジャーマングレー+(C)クールホワイト ■武器色 (G)ガンメタル+(C)ニュートラルグレー■フレーム色 (G)ジャーマングレー+(C)スーパーアイアン+(C)クールホワイト+(C)ダークアース最後のつや消しはクレオスのスーパースムースクリアを使っています。デカールは専用のものがまだ発売されていなかったのでガンダムデーかるとHIQパーツのRBコーションデカールを貼りました。以上HG ザクキャノン テストタイプでした。オリジン系のキットを仕上げるのは初めてだったのですがHGにしてはかなり手が込んでいるキットで合わせ目を消そうとすると後ハメ加工が必要なものの、気になる肉抜きなどもほとんどなく各所の凝った作りなど完成度の高さを再確認できました。またオリジンザク系はかなりのバリエーションが発売されていて、好みの武装やパーツを持ってきたりする事も簡単にできるのでこういった所も楽しめる良いキットでした。

转自:schizophonic9作者:星丸■1/100 ガンダムキマリストルーパー 完成編1/100で発売されたキマリストルーパー。以前から進めていたキットですがやっと完成しました。今回は以前作ったスタークジェガンのようなカラーリングにしたいと思っていたのでダークグレーをメインカラーにして所々をオレンジやライトグレーで塗って仕上げてみました。一部ツヤを残していますが大体はつや消し仕上げです。フレームはメタリック塗装ですがそこまでギラギラとした感じにはしませんでした。その分シリンダーはゴールド&シルバーで塗り分けて目立つようにしてありますまた各所のケーブルも塗り分けています。バストアップ。頭部は後ハメ加工をして合わせ目を消しています。ツインアイは偏光フィニッシュコバルトブルー&イエローで角度によって色が変化するようにしました。胸部はエッジをシアノンやプラ板などで少しシャープな印象に加工。鎖骨のシリンダーはあまり途切れて見えないようにと真鍮パイプなどで新造しました。1/100はグシオンも作ったのですが、キマリスはグシオンのように装甲で隠れる部分があまり無く結構塗装に手間がかかりました。鎖骨のシリンダーは元パーツを一部カット、開口して真鍮パイプとプラ棒で作ったシリンダーを組み込んでいます。モデグラ付属のデカールにはセブンスターズや各家の家紋マークがあったのでそれらも使っています。腕部はシールド取り付け穴にキャップパーツをはめ込めるようにしました。シリンダーは塗り分けていますが前腕が挟み込みなので合わせ目を消すのが面倒な部分でした。後ハメはせずマスキングを繰り返しながら塗装しています。サブアーム部分は軽くディテールアップ。合わせ目はマスキングしてから消しています。また肉抜きも埋めました。腰アーマー裏にはフタパーツも作っています。バックパックのバーニアはリブモールドとノズルを追加しました。リアアーマーは先端部分を磁石接続にして後ハメ可能にしてから合わせ目を消しています。各所のモールドも浅い所は彫り直しています。脚部は膝裏にプラ板を積層した裏打ちパーツを作ってはめ込んでいます。またバーニア部分もノズルを追加しました。足首パーツには一部肉抜きがあるのでそちらも埋めています。デストロイヤーランス。こちらもつや消し仕上げです。キマリスシールドはフックのようなモールドを追加、裏側を塗り分けました。デストロイヤーランスもバーニア同様ノズル部分を開口しノズルパーツを取り付けています。デストロイヤーランスはこの大きさなので合わせ目や表面処理は結構大変です。武器色は本体のダークグレーにホワイトを混ぜやや明るくしたもので塗装しました。キマリスサーベルはスターブライトアイアンで塗装し、刃部分をEXシルバーで塗り分けました。グリップはフレームと同じ色です。刃部分も薄く削り込み鋭くしています。またグリップ部分にある肉抜きも埋めました。付属武器の他にコトブキヤのバイオレンスラムも装備できるようにしてみました。腕に合うように加工して肘の装甲ごと差し替える方式にしています。バイオレンスラムは合わせ目を消し、各所にある3mmジョイントをカットしてフタをしています。またダクト部分もエッチングパーツに置き換え。パイルバンカーはガイアノーツスターブライトアイアンとAKインタラクティブの BURNT METALでグラデを付けて塗装しました。一応シールドと同時装備も出来ます。脚部を展開してトルーパー形態に。前足は穴を広げノズルパーツを埋め込みました。足を展開すると普段見えない装甲裏側なども見えるようになるので成形色と違う色で塗りたい方は装甲の裏側まできっちり塗ったほうが良いと思います。謎機関のマルチスロットアクセラレーター。展開部のハッチ裏側はプラ板でモールドを追加してあります。最後に色レシピなどを一応。(C)=クレオス (G)=ガイアノーツ(F)=フィニッシャーズです。■フレーム色 メカサフヘヴィ+(G)フレームメタリック1+(C)ウイノーブラック+(G)EXシルバー少量シリンダーはEXシルバーや(C)スーパーゴールドなどを使っています。動力パイプ類は(G)パールマーズライトグレー■バーニア 外側はAKインタラクティブBURNT METAL 内側はAKインタラクティブ PALE BRASS■装甲のダークグレー (F)カーボンブラックマット+(G)マーズライトグレー+グリッドグレー■脛などのグレー 上記のダークグレーにマーズライトグレーとホワイトを混ぜ明るくしたもの■首や胸などの明るいグレー (G)マーズライトグレー■オレンジ (G)ピュアオレンジ+(G)ビビッドオレンジ+(C)ニュートラルグレー+(G)マーズライトグレー少量+(C)クールホワイト少量スミイレはウェザリングカラーのマルチブラック、ステインブラウンとエナメルのジャーマングレーを使用。コーションデカールはNCデカールホワイトとオレンジを使っています。家紋マークなどはモデグラ付属の物です。以前作った1/100グシオンと。どちらも個性的なMSで作るのが楽しいです。以上1/100 ガンダムキマリストルーパーでした。最初はグシオンよりは塗装が楽かなと思ったのですが、フレームが良く見えるデザインで展開する部分もありパーツの裏側やフレームまでしっかり塗装しないといけないのでなかなか大変なキットでした。また合わせ目を消すのも手間かかるので結構時間がかかってしまいました。ですがそういうチラっと見えるフレームや細かいディテールが格好良いキットだったので塗装した後は満足感あります。トルーパー自体はHGからさほどディテールが追加されてはいないのですが、元々ディテールは複雑ですしトルーパー形態や巨大なデストロイヤーランスなど見どころも多く1/100という大きさも楽しめる良いキットでした。

转自:GP FREAK作者:GP FREAK空中展示用のベースは、ダブルオー用のアクションベースを2個購入して、台座の部分に2個分のパーツを使用しています。裏側に鏡面プレートを切ったものを仕込んでいるので、ラメと反射でなかなかキレイ^^ シールド中央のIフィールド発生器はRCパーツのワッシャーなど。3門のメガ粒子砲はハイキューのマグネットセッターを100均のデコパーツでカバーしています。このパーツ、レンズ状で半透明、オーロラシートのような偏光カラーが付いており、センサーなどに重宝します^^ 肩や腰の白いラインは、基本塗装のあとエナメル塗料のホワイトを塗ってはみ出たところをぺトロールで拭き取ったんですが、後で考えると普通にマスキングして全てラッカー系で塗った方が早かったかもしれません;^^ コンテナはやっぱり開いていた方が見栄えがいいかな?塗装レシピ本体色1:Gマイザーパープル+Fピュアホワイト少量本体色2:Gストームダークパープル本体色3:Gストームブラックブルーフレーム1:NAZCAメカサフライトフレーム2:NAZCAメカサフへヴィ+GEXブラック少量白:GVoカラーコールドホワイトライトグレー:Gダグラムカラーライトブルーグレーパイプなど:EXブラック下地→Cスーパーゴールド腕部クロー:同下地→Gブレードシルバー→刃先にビスマスパールを軽く胸部や袖の装飾:全体をコールドホワイトで塗装→黒部分をタミヤエナメルのセミグロスブラックで塗装 →白部分をエナメル溶剤で拭き取りデカールは主に「NCデカール」を使用。「袖付き」マークや所属艦のイニシャルは、今回のUCコンペのためブラックスマーフ塾長が自作して下さった逸品です^^

本文由皇家金堡▎永久官网发布于玩具资讯,转载请注明出处:塗装は軽く陰影を付けて基本塗装した後に汚し

关键词:

上一篇:没有了

下一篇:没有了