玩具资讯

当前位置:皇家金堡▎永久官网 > 玩具资讯 > ぶっちゃけ絶賛放置中のMGリガズィを製作する前

ぶっちゃけ絶賛放置中のMGリガズィを製作する前

来源:http://www.myconsumercourt.com 作者:皇家金堡▎永久官网 时间:2020-04-17 13:48

转自:modelers-g作者:haruka_aSDデスティニーガンダムタグ: SD|デスティニー|オラザク|第20回 全日本オラザク選手権キット: MGデスティニーガンダム改造パーツ(1): BB戦士デスティニーガンダム改造パーツ(2) HGデスティニーガンダム描述:オラザク参加作です。MGSDEXスタンダードHGのデスティニーをそれぞれ使ったヨンコイチで、ベースはMGになります。基本的に浮かせて飾ることを意識してのバランス調整をしています。面の情報量が多いのが苦手なので全体的にシンプルめに仕上げています。誌面に掲載された写真接地状態はおまけ程度に考えていたので誤算ウイングはMGそのままですが取り付け位置を3mmほど上に上げています頭部と膝以外は全てMGですアロンダイトも短縮していますがそれでも大分長いウイング広げてアロンダイト持たせると縦に長過ぎて困ります高エネルギー長射程ビーム砲はそのままです展開時の連動ギミックは強度的に微妙だったのでオミットしています塗装前そこまで切り刻んでいないですMGとの比較結構ボリュームあります

图片 1

HGアイザック完成です!仕事と私用がいろいろ重なりドタバタしてましてアイザックの公開が大変遅くなりました「関東も梅雨に入って~~」とか書きたかったのですが、今回は歴代作品No.1 を誇る画像数となっていますので、とっとと公開行きたいと思っていますが。。。コンテストの結果も書かないといけないので、とりあえずそちらから~前公開の「ミリタリー部門」に続き「ガンプラ部門」も銀賞を頂きました!!前回同様「フィニッシュコンテスト」って事で改造は審査対象にならず、あくまでも完成度の高さを重視したコンテストとなっています。賞を頂けた事はホントに嬉しい限りですが、やっぱり悔しい気持ちも有り。もっともっと勉強しなきゃ!ですね(_)って事で、公開どぞ~今回はアイザックと言っても「青の部隊」では無く「連邦軍使用」としてのカラーリングチェンジで仕上げました。キットはHGUCの中でも古めのキットではあるものの、作り込んでやるとグッと格好良くなるキットだと思います。各パーツごとの紹介です。フェイス?部は結構手を入れた部分。モノアイ上のヒサシ部に0.5mmのプラ板を貼り足し目つきを悪い印象に。同じくモノアイ縦のフレーム?はキットの物が厚かったので切飛ばして0.5mmのプラ板で作り直しています。モノアイはハイQパーツの物に変更。レールはタガネで彫ってからスリット入りのプラ板をハメ込み再現。口横の牙のようなパーツはプラ板を貼って形状を変えつつ小さ目に削り込みました。口のダクトはモノアイレールと同じスリット入りプラ板で別パーツ化し塗り分け後接着してます。ケーブルは自由自在を使用。頭頂部センサーは携帯用覗き防止板とハイQパーツでデコレート。頭部レドームはピンバイスで丸ディテール入れとモールドの中に一段彫を追加で情報量を少し上げています。レドーム下側。モノアイはHアイズの物を薄く削って張り付けています。レールはフェイスと同じにしたかったのですが、形状的に厳しかったのでタガネで彫っているのみ。周囲の板状のアンテナはキットの物が厚みが有ったので削り飛ばし0.5mmのプラ板に置き換え。この時強度も必要になるのでタガネで彫ってから”差し込む”形で接着しています。胴体部。バランスはキットのまま、肩の付け位置を2mm程上に上げています。胸ダクトはキットの物が気に入らなかったのでプラ板で開閉ベーン風に変更。ケーブルは自由自在を使用。股間部センターブロックは0.5mmのプラ板を貼り足し左右前上に大型化しました。それに合わせて左右のフロントアーマーを積層して厚みを増やしつつ形状をシャープ化。センサーはキットの物を切り飛ばし0.3mmのプラ板で新規製作、大型化しています。上部にはディテールアップパーツと0.3mmの虫ピンを組み合わせてアンテナを追加。スカート腰部にタガネで一段彫下げ、プラ板で作ったラック風フレームをセット。肩の取り付け位置を2mm程上げた事によって頭と肩のラインがツライチになる所が拘りです。「はい!ここテストに出ますよ!!」ってくらい見て欲しい部分!!!(^o^)肩アーマーは製作時には書いていませんが、外側の追加カバー?が結構開き気味だったので、前後スリット部に切込みを入れて1mm程強引に詰めて角度調整をしています。腕は二の腕部から肩にかけてケーブルが走っているのですが、設定画通り肘にケーブルを繋げました。マニピュレーターはキットの物を改造して小型化。それに合わせて手首上側のパーツを少しだけ小さくしています。手首はディテールアップパーツの角ノズルでカバー。肘関節は一段彫下げプラチップでディテールアップ。肩部取り付けのポリキャップは覗き込むと地味に見えるので(^_^;) ポリキャップ隠しにプラサポを使用。ピンバイスでディテール追加。左側はシールドで隠れますが、右側のシールドラックが穴全開なので0.3mmプラ板でフレーム追加。肩アーマー裏側は、キットのままでも蓋がされているのですが、前述にも有るように角度変更の為切り飛ばし、プラ板で再製作。足はモモで2mm延長。ケーブルを自由自在に変更した以外はキットのまま。スジ彫りとディテール入れで十分な出来です。ただやはり他に手を入れてしまっているので、フクラハギ内側と後ろ側は市販ディテールアップパーツで情報量アップ。脚外側の追加推進機?上の円錐パーツはディテールアップパーツに置き換えてます。その下に有る姿勢制御的な噴出口はメッキビーズを追加しました。ヒザ裏と追加推進機内側にプラ板でフレームを新規製作。こちらもほとんど見えませんが、覗き込むと見えるので(^_^;)追加推進機下側もメッキビーズでディテールアップ。ランドセルはほぼストレート組み。中央左側に開閉ベーン風なディテールが入っていたのですが、曖昧な感じだったのでプラ板で作り直し。唯一手を入れたのが、上部の頭を支えるパーツ。どうしてもアゴを引いて立たせる事が出来なかったので、下側のR部にプラ板を貼り足して2mm程上げました。マシンガンはキットストレート組み。センサー部に携帯覗き防止板を入れています。シールドは連邦の十字マークが整形されていたのですが、削り飛ばしプラ板を貼り足したのみ。内側はピンバイスとプラ板で軽くディテール追加。唯一の改造ポイントは肘の形状によりシールドが変な角度での取り付けになってしまいます。なので、シールド側を角度を付けて削り込み違和感が無いように調整しました。MGの製作となると大きさに圧倒されがちですが、HGだと存在をアピールするのにいろいろ詰め込みたくなるし、小さいから「ギュッ」っと詰まった感じがまた心地よかったりするんですよね。やっぱりアイザックは飛んでる方が似合いますね。最後までご覧頂きありがとうございました。今回ず~と気になっていたアイザックが作れてホント楽しかった(^o^)うん、改めてアイザックの格好良さもしれたし、この記事を見てくれた人が「アイザック作りたい!」って思ってくれたら嬉しい。汚すのも楽しくなって有りだけど、やはり自分のスタイルの芯はこっちに有るな。HGの楽しさが倍増した!MGリガズィやらないといけないけどまた浮気しちゃいそう(^_^;)

图片 2

转自:modelers-g作者:haruka_a描述:オラザク2016に参加した作品となります。今回はSDで行こう!ということで好きな機体のクロスボーンを選択しました。元々小型のキットなので定番のHGとのニコイチではサイズが合わず、MGをメインに加工しています。膝を除く本体はMGを使用し、武装やフルクロスにはHGを使用しています。余談オラザクの登録ページで作品名文字数がオーバーしてちょっと困りました。タグ: 第19回 全日本オラザク選手権|クロスボーンガンダム|フルクロスキット: MGクロスボーンガンダムX1フルクロス改造パーツ(1): HGクロスボーンガンダムX1フルクロス改造パーツ(2) SDクロスボーンガンダムX1紙面にはこの写真が載りました。メイン画像のものが一番気に入っていたのでこの写真が使われていて結構驚きました。スラスターはMGそのまま使用しました。肉抜きは埋めています。ただ背面への接続はコアファイターオミットして直接接着しています。HGの武装を持ってきているのでビームエフェクトが派手です。塗装前前面フェイスはSDビルドストライクを使用しています。胴体→足→腕の順に短縮しました。この順が個人的には一番バランスとりやすいです。塗装前背面この写真にはありませんがフルクロス裏はプラ板を切り出して貼りつけています。HGとの比較。MGベースなので結構ボリュームあります。


唐突にクロボン 全体的な雰囲気は大体こんな感じで各パーツ仮置き 脚はもうちょっと短くてもいいかな 腕はそれに合わせて詰めよう腕短縮これ以上できる気がしない片方に施した加工を逆側へ適用させる素敵ツールないですか脚の付け根位置修正と頭の位置を決めるのが次の課題角度変えるとちょっとマシに見える がんばろう足ちょっと調整したら割と好みな感じになったかも そろそろ頭に着手しようSD X-2は頭周りに着手 やっと首がついたから一応全身取り付けられるようになったぞ手に持ってるとXバインダー長過ぎる印象だけど写真だとそこまででもないようなクロボン再開 X2の予定だったけどフルクロスもいけそうで揺れてる期間がないからある程度進んでるのを仕上げることにしたビルストの顔をクロボン寄りに まだ違和感あるけどアンテナ作り直すだけで数日使うとか仮止めだったフルクロスをやっと正式に取り付け 後の課題は手首とフルクロスの裏表面処理はじめました思ったより綺麗に切り出せたから赤く塗って貼るだけにしようよーしサフチェックして塗り始めるぞ今更だけどやっぱりMGなんだなって本塗装入ります墨入れやっと終わった終わった終わったよ 後は月末までに撮るだけだよクロスボーンガンダムX1フルクロス 修正も完了しました


本文由皇家金堡▎永久官网发布于玩具资讯,转载请注明出处:ぶっちゃけ絶賛放置中のMGリガズィを製作する前

关键词:

上一篇:今年让我收获最大的作品

下一篇:没有了