玩具资讯

当前位置:皇家金堡▎永久官网 > 玩具资讯 > 1/20000 执行者级超级歼星舰 by タルタル

1/20000 执行者级超级歼星舰 by タルタル

来源:http://www.myconsumercourt.com 作者:皇家金堡▎永久官网 时间:2020-01-20 14:06

图片 1

图片 2

图片 3

转自:blog.livedoor.jp作者:タルタルエグゼクター級 スーパースターデストロイヤーKORBANTHの38インチキットを使用して長きにわたってプロップライクな实现度を目指し製作して頂いたエグゼクターが完毕しました。都市部の密度アップは1番厄介な作業の連続だったと察しますが時間を掛けた分、完毕度にしっかり反映されたと思います。庞大感を出す為に切り刻んで幅を詰めた側面トレンチは完成してみると最高のバランスを生んだ改修だったと感じます。船体最後部のスクラッチも見事な仕上げで引き締まっています。この文章、この時点でもうひとつ达成できていない部分が存在します。最早の画像の台座部分前沿に銀色の凸があるのが確認できます。ここには、正確なスケールでは実現はできませんが、インペリアルスターデストロイヤーが配置されます。配置されるインペリアルスターデストロイヤーにも見事で緻密な電飾が施され、庞大なエグゼクターをさらに引き立てる演出がなされます。それをもって、本当の实现となります。

转自:どろぼうひげの製作記作者:遮断呆人VMファルコン 实现画像HobbyJapan誌 2017.02 No.572 へ掲載して頂いた、ビークルモデルミレニアムファルコンの完结画像です(^^卡塔尔/今まで数々のSWメカをラインナップしてきたビークルモデルですが、ついにミレニアムファルコンがキット化されましたね!(^^組み立てが簡単なのに超精密なディテール、コレクション性の高いサイズと価格で、多くのSWファンを魅了しております。今回は定番の電飾に加えて、細部のディテールアップを施し、更にEP.Ⅳの名シーンであるモスアイズリー航空港からの緊急発進のシーンをジオラマで再現してみました。また騒がしい宇宙游览の始まりです(^^ファルコン本体は、シールを使わずに全て塗装で仕上げています。ブラックから立ち上げることで、均豆蔻梢头ではない「くすみ」を持ったグレーに仕上げています。パネルも薄いグレーと濃いグレーをランダムに重ね、プロップが持つふわっとした塗装を表現してみました。スミ入れはパネルには薄く、メカ部分には濃く、濃度を使い分ける事で、視覚的な立体感を増加させています。汚しはスポット的に加え、白い機体を維持しつつ汚れている状態をキープさせています。レーダーは架台を作り直しました。キットでは意气风发体成型となっていますので、架台部分をプラ材で作り直しています。また、EP.4のファルコンは、船体から直にリングが出ている形状をしていますので、パテで段差を埋めています。後ろから見た時、この部分はとても目立ちますので、オススメの职业ポイントです。コックピットを作り込みました。キャノピーをくり貫き、コックピット内部を自作してハンとチューイを乗せ、電飾しました。かなり小さいのですが、乗り物のコックピットは見せ場のひとつだと思いますので、頑張って電飾までしちゃいました(^_^*)内部はほとんど見えないと思いますが、とても達成感のある改造ポイントです。配管類は一部を置き換えています。成型の都合で、配管が板になっている部分が数箇所ありますので、伸ばしランナーの配管に置き換えました。ついでにパネルの裏も掘り込む事で、薄い装甲が表現できますので効果は絶大です。ただ、繊細なモールドをキズ付けてしまう事もありますので、本当に必要な部分だけに絞った方が良いかも知れません。エンジンは強力に発光します。キットにエンジングリルのパーツは付属しているのですが、そのままでは綺麗な発光は難しいです。思い切って、半透明の結束バンドに置き換えてしまい、見た目のディテールと発光を両立させてみました。チップタイプのアイスブルーLED6個相当で、強力に発光してくれます。裏表の様子です。こんなに小さくても、塗装の手間は同じです(^_^;卡塔尔塗りワケやダメージ痕など、参谋になって頂ければ幸いです。かなり汚れていますけど、白い機体であることをキープする事と、全部的にカッチリした塗装では無く、ふわっとした感じに仕上げるとファルコンっぽい感じに仕上げられると思います。ベースは94番ドックの周辺を再現してみました。このファルコンが三本脚という事で、EP.Ⅳの名シーンである、モスアイズリー航空港の94番ドックから急発進している様子をジオラマで再現してみました。街はプラ材の他、台所用品や文房具などの、様々な材料を使って製作しています。砂地はメディウムに重曹を加えたもので質感を出しました。賑わう街の様子です。四分之风流倜傥50フィギュアを配置したり、露天商を作ってみたりして、活気のある街の様子を再現しています。フィギュアを置く事で、ドックの大きさや生活感を表現しています。ドック内部も、出来るだけ再現してみました。ドック自体も、紙製のギフトボックスを利用して製作しています。影像から拾えたものは全て再現しましたが、死角になっている部分も想像で作り込んでいます。お粗末ではありますが、慌てて後を追うトルーパー達も、伸ばしランナー等で自作して追加しました。底にある照明も発光させています。長年、作ってみたかったシーンを、やっと作る事が出来ました。このシーンは大好きで、いつかジオラマで作ってみたかったのですが、今回キット化されたEP.Ⅳ版のファルコンで、ついに実現できました(^^もう少し街を大きく作りたかったところですが、ファルコンのサイズから比較すれば、ちょうど良かったのかも知れません。ジオラマで作りたいシーンは、まだたくさんありますので、機会があればまた作ってみたいです。こんなに小さくて安価なプラモデルで、こんなにも楽しむことができるなんて、ありがたい事ですね(^^

转自:どろぼうひげの製作記小编:遮断呆人ドレッドノート完结画像HobbyJapan誌 2017.08 No.578 へ掲載して頂いた、バンダイ1/1000 ドレッドノートの达成画像です(^^卡塔尔/旧作ヤマトでは、大将戦艦として活躍した地球連邦の艦ですが、ドレッドノート級としてリニューアルされて、更に魔力的になりました。宇宙戦艦ヤマト2202~愛の戦士達~での、今後の活躍が楽しみですね(^^先日発売されたアンドロメダと比較すると、サイズは小さいのですが、標準で電飾ユニットが付くナイスなキットです。今回は航行灯などをフル電飾し、波動砲の発射も恐怕に製作してみました。船体はグレーに白帯が付くシンプルなカラーリングです。アンドロメダよりもトーンを落としてグリーンに振り、重量感を感じさせる仕上がりとしました。最新鋭の戦艦ですので、汚しは極力控えていますが、トーンを落とさずに汚しを加えるバランスが難しいところです。航行灯は左右で赤と緑に発光しており、出来るだけ光ファイバーを使わないで、直接チップLEDを埋め込んで明るく発光させています。艦橋は標準でも発光只怕ですが、更に測距儀とウィング先端も発光させています。特徴的な形状のレーダーは、大器晚成度切り離してから削り込む事で精度をアップさせました。主砲の上に付くウィングも、取り付けてから削り込む事で簡単に精度をアップ出来ます。エンジン周辺は、電飾の見せ所が満載となりました。ドレッドノート級は、ガミラスからガイデロール級の技術提供を受けて建造されています。そうなると、エンジンの噴射は回転しているのではないか?という事で、回転発光させています。チップLEDを円形に配置して、PICマイコンにより高速明減させながら回転するプログラムを組みました。また、エンジンノズルの先にある航行灯は、左右で赤と緑に発光しており、特に上下では豆蔻年华枚のフィンの左右を違う色に発光させなくてはなりません。ここは2枚の透明プラ板を貼り合わせたフィンに、丸ごと置き換える方法でクリアしています。ベースのスイッチで、波動砲が発射只怕です。最新の地球連邦の艦では、再起動のために艦内の電源を切る须要は無いのですが、効果的なエフェクトとして、発射の前にエンジンや照明を落とす動作をプログラミングしてみました。波動砲も実際の発射がどうなるのか、製作時点では不明でしたので、アンドロメダの発射シーンに倣っています。钴绿でフワッと点いて、段々と灰绿に変化していき、一弹指瞬いてから高速点滅となります。波動砲発射後は、照明やエンジンが再起動して经常航行状態へと戻ります。他にも、艦首の甲板にあるドームを電飾したり、鑑底にあるウィングの先端を点滅させるなど、発光しているだけではない効果も加えてみました。コスモタイガーⅡも付属しています。物凄い細かさでパネルラインが再現されていますが、主翼の先端を削り込んだり、機首のアンテナを作り変えたりして、精度を上げる专门的职业を加えています。2機製作して、ベースに取り付けてみました。リーズナブルに電飾も楽しめる、満足度の高いキットだといえます。アンテナやウィングなどへ、ちょっと手を加えてあげると更にかっこよくなりますね(^^是非製作して、これを肴にDVDを観賞してみてはいかかでしょうか?今回、ドレッドノート製作の紹介動画を製作しました。製作のダイジェストや、波動砲発射のシーケンスも収録しました。お楽しみ頂ければ幸いです。

本文由皇家金堡▎永久官网发布于玩具资讯,转载请注明出处:1/20000 执行者级超级歼星舰 by タルタル

关键词:

上一篇:没有了

下一篇:没有了